内見者の対応

現在、自分が住んでいる家を売りに出したいと思っている方も多いかもしれませんが、その場合、住んでいる最中に内見の希望があることが多いです。この内見も家を高く売る為には非常に重要なポイントと言えます。
内見した人がこの家を買いたいと思ってくれなければ高く売ることはもちろんのこと、家を売ることができません。従って、内見者が買いたいと思ってくれて、かつこの家であればこの値段でも買いたいと思わせることで初めて売却は成立します

内見者人は視覚からくる情報が第一印象の多くの割合を占めます。
このことから、住んでいる家であれば、いかに内見者にこの家をすっきりとそして綺麗に見せられるかが家を高く売る為のポイントです。
実際に今住んでいる家は生活する為に多くの家財道具が置いてあるかと思いますが、綺麗にすることは当然のことながら、出来る限りその家財道具がない方が内見者にとっては自分が住んだ場合のイメージが付きやすいと言えます。
従って、家財道具などは出来る限り、実家に一時的に送る方法などをフル活用し、荷物を減らして下さい。
内見者は事前に間取りや広さを知った上で来ていますが、荷物が多すぎると想像していたよりも狭いと感じさせてしまうこともありますので、出来る限り荷物や家財道具を減らして少しでも内見者への印象を良くすることが重要なのです。(参考…家を高く売るためのポイント教えます。